ヴィーナスプラセンタ原液はニキビを改善する効果は認められていません。

でもヴィーナスプラセンタ原液の口コミを見ると「ニキビが改善した」や「ニキビ跡が薄くなってきた」という意見もあります。

ニキビへの効果が認められていないのに、なぜヴィーナスプラセンタ原液でニキビが改善するのか、その理由について考えてみたいと思います。

ヴィーナスプラセンタ原液がニキビへ及ぼす効果は?

ヴィーナスプラセンタ ニキビ跡

ヴィーナスプラセンタ原液には炎症を抑えてニキビを改善する効果はありません。それでもニキビが改善する理由は「保湿」がしっかりしているからだと考えられます。

ニキビだけでなく、ほとんどの肌トラブルは「保湿不足」が原因です。

肌が乾燥すると、角質層のうるおいがなくなり、肌が硬くなってしまいます。硬くなった肌はハリや弾力を失い、シワやたるみの原因になってしまいます。

また乾燥した肌を守るために過剰な皮脂分泌が行われるようになり、これが毛穴のツマリやニキビの原因になるといわれています。

考え方によっては、ヴィーナスプラセンタ原液で肌にうるおいを与えてあげることが、間接的にニキビなどの肌トラブルを予防したり、改善することにもつながるということですね。

 

また、ヴィーナスプラセンタ原液は導入美容液としての役割も合わせ持っています。

ヴィーナスプラセンタ原液の後に使う化粧水や美容液などの浸透力がアップすることも、肌トラブルの改善をサポートする大きな要因でしょう。

「スキンケアの基本は保湿」といわれています。

ヴィーナスプラセンタ原液は保湿がしっかりしている上に、他の化粧品の浸透力もアップさせる効果も期待できるので、ニキビをはじめとする肌トラブルを総合的にケアしてくれるということになります。

ターンオーバーを改善すればニキビ跡も目立たなくなる

気になるニキビ跡も、ターンオーバーを改善し、新陳代謝をアップさせることで目立たなくすることができます。

ターンオーバーを正常化し、細胞の生まれ変わりがスムーズになれば、ニキビ跡が目立たなくなるのにそれほど時間は掛からないでしょう。

でも、ターンオーバーがうまく機能しないと、メラニンを含んだ細胞や古い角質などをスムーズに排出できないので、ニキビ跡などはなかなか改善しません。

ではターンオーバーを正常化するためにどうそればいいかというと、やはり「保湿」が重要なんです。ターンオーバーの乱れは加齢の影響もありますが、普段から肌をしっかりと保湿してあげれば、ターンオーバーも正常化していきますよ。

まとめ

ヴィーナスプラセンタ原液にはニキビやニキビ跡を改善する効果はありません。でも、しっかりと保湿して肌の調子をアップさせることで、間接的にニキビの改善をサポートすることは可能です。

ただし、直接ニキビに作用する商品ではないので、短期間でニキビやニキビ跡を改善できるわけではありません。短期間でニキビを改善したいのであれば、ニキビに特化したスキンケアを選んだほうがいいでしょう。

日々のスキンケアで肌の状態を整えて、ニキビなどの肌トラブルを予防したいという人には、ヴィーナスプラセンタ原液がピッタリだと思います。

>>ヴィーナスプラセンタ原液の詳細はこちら